よく当たる電話占い口コミランキングベスト3

話題の電話占い、よく当たると評判のサイトベスト3をご紹介しています。

*

お寺参拝の基本的な作法

 

山門で一礼

お寺に入る時、山門の前で一礼もしくは合掌してから中に入りましょう。

「山門」は神社でいう「鳥居」と同じ意味をもっていて、仏様のいる聖域と人間のいる世俗を分けている建物です。

 

手水舎で身を清める

本堂に向かっていく途中に、手水場があります。

参拝する前には、必ず手水によって身を清めましょう。

ここで水を飲んだり、うがいをしたりすることは、間違った作法です。

 

鐘をつく

本堂に入る前に鐘楼がありましたら鐘をつきましょう。

ただしお寺により異なりますので、一般参拝者が鐘をつくことを許可されているかどうか確認して下さい。

鐘をつくのは仏様へ参詣するご挨拶です。

参拝後に鐘をつくのは「戻り鐘」「出鐘」と呼ばれて、忌み嫌われることなのでやめましょう。

 

ロウソクとお線香を上げる

お寺によっては、本堂の前にろうそくやお線香を焚く香炉が用意されています。

お線香の香りは仏様をもてなすと言う意味があるので、香炉があれば、ぜひ献香して下さい。

線香の煙を頭からあびて、体をさすって、身を清めましょう。

ロウソクもお線香の場合も、先の参拝者の灯明からもらい火を受けることは、縁起が悪いこととされているのでやめましょう。

 

護摩(ごま)を焚く

密教系のお寺でしたら、香炉のところに、願い事を書くための木片が用意されています。

その木片のことを護摩の木といいます。

護摩の木は人間の煩悩、悩み、苦しみを表しています。その一方で護摩の火は、仏の悟りを表す「知恵」を意味します。

すなわち護摩行とは、仏の知恵で人間の煩悩を焼きつくし、悪を払い幸運を招き入れるという意味があります。

 

朱印

朱印はもともとお寺で「写経」をして、さらにはお経を「読経」をして、そのお経を納めた証として頂けたものです。

今では、納経料を払えば、お経を納めなくても頂ける場合が多くなりました。

 

賽銭箱

本堂に入ったらお賽銭を納めて、鰐口(わにぐち)を鳴らしてから目をつむり、両手を合わせ、合掌して頭を下げます。

神社のように柏手は打たないので注意してください。

また参詣するときに数珠を持っていくことをオススメします。

 

賽銭箱

本堂に入ったらお賽銭を納めて、鰐口(わにぐち)を鳴らしてから目をつむり、両手を合わせ、合掌して頭を下げます。

神社のように柏手は打たないので注意してください。

また参詣するときに数珠を持っていくことをオススメします。

人気の電話占いベスト3

No.1 VERNIS(ヴェルニ)

【ヴェルニ】は在籍占い師数が250名を超える大手の電話占いサイトです。
有名な占い館5社と業務提携していますので、雑誌やTVメディア等、全国で活躍する占い師さんが多数在籍しています。
簡単な項目にチェックを入れるだけで、貴女にピッタリの占い師さんに導いてくれますよ。

No.2 Purely(ピュアリ)

イメージキャラクターにさとう珠緒さんを起用している【ピュアリ】は、有名な占い師さんが多く在籍しています。
口コミ・評判ともに人気のサイトで、テレビや雑誌でもよく取り上げられています。
初回会員無料登録で10分間の無料鑑定がついてくるので、初めて電話占いを利用する人でも安心して占ってもらえますよ

No.3 Wish(ウィッシュ)

【ウィッシュ】は恋愛・復縁に特化した占い師さんが集まっている電話占いです。
新規会員登録で「最大2,000円分」の鑑定ポイントのプレゼントがあります。
センター経由で電話を転送するので、あなたの電話番号が占い師さんに知られることはありません。
初めて電話占いを利用する人でも安心して占ってもらえますよ。

 - お寺と神社 , ,